RV リチウム電池は、鉛蓄電池の最良の代替品になります

おそらく初めて購入するときは RVバッテリー、RV 鉛蓄電池と RV リチウム電池の XNUMX つのオプションがあります。 あなたはそれらについてあまり知らないかもしれませんが、この記事は RV リチウム電池と鉛蓄電池の違いを教えてくれます. RVのバッテリーを購入するのに役立つかもしれません。

RV リチウム電池は、鉛蓄電池の最良の代替品になります

RVリチウム電池と鉛蓄電池の違い

どちらも RV にディープ サイクル電力を供給し、ディープ ディスチャージとサイクル充電を提供するように設計されています。 しかし、対照的に、鉛蓄電池はより有利な価格であり、非常に魅力的です。 しかし、RV バッテリーを購入する場合は、長持ちする RV リチウム バッテリーを購入することをお勧めします。 (私が話していることを理解できるかもしれませんが、以下の説明を参照してください)

鉛酸 RV バッテリーとは何ですか?

鉛蓄電池 はかなり古い技術で、電解液に浸した鉛の平板を使用して電荷を蓄え、電気を供給します。 自動車やRVに広く使用されています。 技術の発展に伴い、浸水鉛蓄電池、ゲル蓄電池、吸収ガラスマット蓄電池など、さまざまな鉛蓄ディープサイクル RV 蓄電池も次々と開発され、優れた代替品となっています。

浸水式鉛蓄電池:鉛板が液体電解液で完全に覆われていますが、価格はかなり安いです。 ただし、低温を避け、定期的に蒸留水を補充し、バッテリーから電解液がこぼれないようにする必要があります。 浸水した鉛蓄電池はかさばり、耐用年数が短い。 鉛蓄電池は、通気中に有毒ガスを放出する可能性があります。 多くの制限があるため、新しいより優れた代替品が必要であり、それらはゲル電池と吸収ガラスマット電池です.

ゲル電池: バッテリーは液体電解質の代わりに半固体ゲルを使用し、完全に密閉されています。これらの特性により、排気ガス汚染や電解質の流出の問題が解決されます。

吸収ガラスマットバッテリー: AGM バッテリーとも呼ばれます。バッテリーはグラスファイバーマットを使用して電解液を吸収し、電解液の流出の問題を解決しながら、バッテリーをより速く完了させ、より深く (最大 80%) 放電し、耐性があります。オフガスおよび凍結温度に。

RV リチウム電池とは何ですか?

リチウム電池技術、はい、あなたが使用している携帯電話はリチウム電池です。 リチウムイオン電池とリチウム金属電池に分けられます。 現在、リン酸鉄リチウム電池はRVリチウム電池で広く使用されており、技術はより成熟しており、LiFePO4電池またはLFP電池と略されています。

LiFePO4 電池は、正極材料としてリン酸鉄リチウムを使用し、負極としてグラファイト カーボン電極と金属バッキングを使用します。 ニッケルマンガンコバルト(NMC)やニッケルコバルトアルミニウム(NCA)などの他のリチウムイオン電池と比較して、動作電圧が低くなります。 さらに、LiFePO4 バッテリーには鉄が自然に豊富に含まれており、抽出が容易です。

LFP にはニッケルやコバルトが含まれていないため、リン酸鉄リチウムは低コストで、毒性がなく、熱的に安定しており、安全です。 化学的性質は市場でよく認識されています。

もちろん、LFP バッテリーにも欠点があります。 鉛蓄電池よりもはるかに高いエネルギー密度を持っていますが、他のリチウムイオン電池と比較すると、まだ性能が不足しています。 しかし、何世代にもわたる努力により、LFP バッテリーも改良を続け、電気自動車に向けて歩み始めています。 現在、LiFePO4 バッテリーは、オフグリッド、RV、ゴルフカート、船舶などで広く使用されています。

LiFePO4 バッテリー VS 鉛蓄電池

  • LiFePO4 バッテリーはエネルギー密度が高く、より小さなスペースにより多くのエネルギーを蓄えます。
  • 平坦な放電曲線は、より長い電流を供給するのに役立ちます
  • 自己放電率が低いため、バッテリーをより長く保管できます。
  • 汚染排気ガスの影響がなく、メンテナンスも不要です。
  • 安定していて安全で、過熱による爆発の心配もありません。
  • より長い深いサイクル時間、寿命は鉛蓄電池の 5 ~ 10 倍 (4000 ~ 7000 倍) (500 ~ 1000 回) です。
  • 放電深度が深くなると、最大放電は 100% に達する可能性がありますが、最先端の AGM 鉛蓄電池でさえ 60% ~ 80% しか放電できません。
  • 鉛蓄電池の数倍の高速充電時間で、XNUMX 時間で完全に充電できます。

コスト比較

RV リチウム電池の鉛蓄電池ほど魅力的な価格はないかもしれませんが、長い目で見れば、RV リチウム電池は常に大きな勝者です。 鉛蓄電池は数年後に交換が必要になる場合があるためです。

RV リチウム電池の場合、最長で XNUMX 年以上使用できます。 同時に、組み込みの BMS バッテリー管理により、電力の使用状況をよりよく観察できます。バッテリーのメンテナンスがより簡単になるため、バッテリーのメンテナンスに時間を費やす必要さえありません。

まとめる

鉛蓄電池は長い間あなたと一緒にいたかもしれませんが、より軽く、より効率的で、より強力なリチウム電池を手に入れるために、あなたは選択をすると思います。 はい、古い友達に別れを告げる時が来ました。新しい代わりの友達が到着したからです!

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest

Recent Posts

バッテリー周波数の測定
ブログ

バッテリー周波数の測定: 包括的なガイド

はじめに 電気システムの分野では、バッテリー周波数の測定は、最適なパフォーマンスと寿命を確保する上で重要な柱となっています。バッテリーの周波数を理解することは、エネルギー貯蔵装置の内部動作を明らかにする隠された言語を解読することに似ています。バッテリーの周波数は、バッテリーの状態と機能の重要な指標として機能します。

続きを読む»
最高のリチウムゴルフカートバッテリー1
ブログ

あなたのゴルフカートに革命を起こす: これらが今日最高のゴルフカート用リチウムバッテリーである理由

はじめに カートがうまく機能し、コース上をスムーズに走行できると、ゴルフはさらに楽しくなります。ゴルフカートの世界では、リチウム電池への切り替えが大きな変革をもたらしました。古い鉛蓄電池と比較して、リチウム電池は現在、ゴルフカートに電力を供給するための第一の選択肢となっています。単にトレンディーなだけではありません。彼らが作るのは

続きを読む»
リチウムイオン電池の長所と短所
ブログ

可能性を解き放つ: LFP バッテリーの長所と短所を理解する

LFP バッテリーの概要 リン酸鉄リチウム (LFP) バッテリーは、電気自動車から再生可能エネルギー システムに至るまで、さまざまな業界で有望なエネルギー貯蔵ソリューションとして浮上しています。これらの電池は正極材料としてリン酸鉄リチウムを利用しており、従来のリチウムイオン電池に比べて利点があります。 LFP バッテリーは安定性と安全性で知られています。

続きを読む»

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール

見積りをご希望の場合

見積りをご希望の場合

24時間以内に返信が届きます。