世界のリチウム電池サプライヤー トップ 10

目次

リチウム電池業界は、持続可能なエネルギーソリューションへの世界的な取り組みと電気自動車市場の急成長により、近年急速に成長を遂げています。 これらのバッテリーは、高いエネルギー密度と長いサイクル寿命で知られており、現代のエネルギー貯蔵の基礎となっており、スマートフォンから大規模なグリッドストレージシステムに至るまで、あらゆるものに電力を供給しています。 需要が急増し続ける中、多くのリチウム電池メーカーがこの課題に対応するために積極的に取り組んでいます。 このダイナミックな業界をリードするトップのリチウム電池サプライヤーをいくつか掘り下げて調べてみましょう。

市場でトップのリチウム電池サプライヤーはどこですか?

市場のトップリチウム電池サプライヤーには、KHLiTech、パナソニック、LG化学、Samsung SDI、SK Innovation、EnerDel、Saft、Johnson Controls、東芝、TDKなどの企業が含まれます。 これらの企業は高品質のリチウム電池で知られており、業界のリーダーとしての地位を確立しています。

ケーリテック

リチウム電池サプライヤー

2008 年に設立された KHLiTech は、最高のリチウム電池サプライヤーの 9540 つであり、リン酸鉄リチウム電池 (LFP) とその多面的用途の分野での可能性の限界を常に押し広げてきました。 標準的なリチウム電池モジュールから高度なエネルギー貯蔵システム (ESS) まで、その幅広い製品は、RV、船舶、ゴルフカート、太陽電池などのさまざまな分野に対応しています。 UL 1973、UL 38.3、CE、MSDS、UNXNUMX、ISO、IEC を含む多数の認証は、品質に対する同社の揺るぎない取り組みをさらに証明しています。

62000 つの高度な製造ラインを備えた 400,000 平方メートルの広大な工場で操業している同社は、500 日あたり XNUMX 個のバッテリーの生産能力を誇っています。 この優れたインフラストラクチャは、XNUMX 名を超える専任のエンジニア、技術者、組立ライン作業員のチームによって支えられており、工場から出荷されるすべてのバッテリーが最高の品質と性能基準を満たしていることを保証します。

KHLiTech の影響力は 130 か国以上に広がり、世界のリチウム電池市場での優位性を示しています。 同社のバッテリーは、その長寿命、コンパクトな設計、優れた効率で知られており、大陸全体で従来の鉛蓄電池に代わって急速に好まれる選択肢になりつつあります。 KHLiTech のイノベーションへの取り組みは、その先進的な機能の提供に明らかです。 オプションの Bluetooth 対応バッテリーを使用すると、ユーザーはアプリをダウンロードして、外出先でバッテリーの状態を調整できます。 寒冷地に住む人向けに、インテリジェントな BMS 自己加熱システムを備えた KHLiTech の低温バッテリーは、-20°C ~ 60°C の範囲で効率的に動作します。 高性能のニーズに応え、ストリートカーやオフロードバイク向けに特別に設計された高放電率バッテリーは、最大 30C (360A) という驚異的な始動電流を誇ります。 しかし、KHLiTech を本当に際立たせているのは、オーダーメイドのソリューションを提供するという献身的な姿勢です。 OEM/ODM サービスによって補完される同社の包括的なバッテリー ソリューションは、各顧客の固有の要件に対処する、カスタマイズされたアプローチを保証します。

KHLiTech のビジョンは、優れたバッテリーの製造に限定されません。 彼らは持続可能な未来を形作るという使命を担っています。 エネルギー密度が高く環境に優しいことで知られる同社のバッテリーは、この方向への一歩となります。 防水性 IP65 のプラスチック ケースや精密なステンレス鋼の固定構造などのユニークな機能を備えたこれらのバッテリーは、耐久性と多用途性を考慮して設計されています。 オフロード車、ボート、RV、電気自動車、ゴルフカートのいずれの場合でも、KHLiTech バッテリーは比類のないパフォーマンスと寿命を約束します。

KHLiTechにお問い合わせください

会場深セン、広東省、中国
工場サイズ62000平方メートル
一日あたりの生産能力400,000バッテリー
専門分野リチウム電池、リン酸鉄リチウム電池、Tesla Powerwall の代替品、一体型およびラックマウント型リチウム電池、積み重ね可能な電池
認定証UL 9540、UL 1973、CE、MSDS、UN38.3、ISO、IEC など
国際的な存在感130か国以上
サービスワンストップバッテリーソリューション、OEM/ODMサービス、高度なバッテリー機能(Bluetooth、低温、高放電率、直列および並列接続)

パナソニック

リチウム電池サプライヤー

パナソニックのリチウム電池分野における取り組みは、1991 年にラップトップやポータブル電子機器向けにカスタマイズされたニッケルコバルト リチウムイオン電池の導入から始まりました。 世界が電気自動車と持続可能なエネルギーソリューションに舵を切る中、パナソニックは、より大容量のリチウムイオン電池の生産に焦点を巧みに移しました。 高いエネルギー密度、安定性、環境に優しいことで知られる同社のバッテリーは、ラップトップやカメラから家電製品や電気自動車に至るまで、無数の製品に応用されています。 この分野におけるパナソニックの業績の注目すべきハイライトは、電気自動車用の高性能バッテリーを提供するリチウム電池サプライヤーとしてのテスラとの戦略的提携であり、リチウム電池市場におけるパナソニックの世界的地位をさらに強固なものとしている。

パナソニックの革新への取り組みは、その多様な製品提供に明らかです。 円筒型、角型、パウチ型の充電式リチウムイオン電池から、CR シリーズや BR シリーズなどの一次電池に至るまで、パナソニックのポートフォリオは膨大で多用途です。 同社のバッテリーは、過酷な条件下でも優れた耐久性と、幅広い温度範囲にわたる優れた性能で知られています。 これは、パナソニックの高度な熱管理技術と安定した電気化学構造の証です。 さらに、同社のグリーン生産技術は、環境への影響の低減と高いリサイクル可能性を重視しています。 世界の相互接続が進むにつれ、パナソニックの電池はさまざまな分野で重要な役割を果たしています。

  • モビリティ: 世界最高のエネルギー密度で業界をリードするパナソニックのバッテリーは、電気自動車やその他のモビリティ ソリューションの進化に不可欠です。
  • インフラ/産業/消費者: データセンター用のエネルギー貯蔵モジュールから電動工具やラップトップに至るまで、パナソニックのバッテリーは数多くのアプリケーションのバックボーンであり、効率と信頼性を保証します。
  • 医療/ヘルスケア: ウェアラブル技術や医療機器の台頭により、コンパクトさと長寿命で知られるパナソニックのピン型リチウムイオン電池はますます不可欠なものになっています。

パナソニックはリチウムイオン電池の安全性と信頼性を最優先しています。 これらのバッテリーのエネルギー密度の高さと、誤用された場合の潜在的なリスクを認識し、パナソニックはバッテリーが一般大衆に直接販売されないことを保証します。 代わりに、特定の顧客要件に合わせてカスタマイズされたソリューションを提供し、最適なパフォーマンスと安全性を確保します。 パナソニックのリチウムイオン電池は、熱抵抗器やヒューズ、保護回路などの安全対策が施されており、信頼性が高いことで知られています。 すべての認証と詳細は公式の流通チャネルを通じて開示され、透明性と情報セキュリティが強調されます。

パナソニックへのお問い合わせ

会場門真、大阪、日本
専門分野リチウム電池、高エネルギー密度技術、熱管理、グリーン生産技術
注目のコラボレーションテスラ
アプリケーションモビリティ、インフラストラクチャ、産業、消費者、医療、ヘルスケア

LG Chem

1947 年に設立され、韓国のソウルに拠点を置く LG 化学は、化学業界の象徴的な灯台としてそびえ立っています。 LG 化学は、LG グループの著名な子会社として、韓国最大の化学複合企業として君臨するだけでなく、世界舞台で消えることのない足跡を刻んでいます。 「科学」の本質と「生命」の複雑さを融合させた同社は、「より良い未来」を構想し、60年までに年間売上高2030兆韓国ウォンを超えるという野心的な目標を設定することでコミットメントを固めています。

LG 化学の無数の業績の最前線にあるのは、リチウムイオン電池における先駆的な取り組みであり、LG 化学の卓越性とエネルギー ソリューション部門のビジョンの証です。 これらのバッテリーは、その高容量と長寿命で知られており、その用途は電気自動車、家庭用エネルギー貯蔵ソリューション、モバイル機器、電動自転車、および多数の産業公益事業に及びます。 彼らの献身は、特に高温下でのバッテリー性能を向上させ、安全性と耐久性を確保するために細心の注意を払って設計された三元系正極材料の開発を通じて輝きます。 LG化学は電池の枠を超えて、IT製品材料、自動車部品、環境に配慮した材料の分野にも深く進出しており、これは技術革新に対する総合的なアプローチの具体化である。

LG 化学は、革新への揺るぎない取り組みにより、世界的に認められたリチウム電池サプライヤーの XNUMX つとしての地位を獲得しました。 同社は、高エネルギー密度のバッテリーを支持することで、電気自動車やモバイル機器分野の極めて重要な需要に対応し、物理的寸法を大型化することなく、より多くのエネルギーを貯蔵できるようにしています。 革新的な安全機構、迅速な充電ソリューション、耐久性への揺るぎない重点を組み合わせることで、LG 化学は技術進化の頂点に留まり続けるという取り組みを示しています。 アウディ、シボレー、ボルボなどの世界的な自動車業界の有力企業と協力し、現代の家庭やテクノロジーに精通した個人の進化し続ける需要に応えることで、LG 化学は技術進歩の舵を切っているだけでなく、持続可能で環境に優しい未来。

LG化学のスナップショット:

設立1947
本社ソウル、韓国
ビジョン「科学」と「命」を架け、「より良い未来」を切り拓く
コアの専門知識リチウムイオン電池、IT製品材料、自動車部品、環境配慮型材料
革新的な取り組み高エネルギー密度バッテリー、最重要の安全対策、急速充電ソリューション
一流のコラボレーションアウディ、シボレー、ボルボ
財務上のマイルストーン60年までに売上2030兆ウォン以上を目指す。

サムスンSDI

リチウム電池サプライヤー

有名なサムスン グループのエネルギー部門として 1970 年に設立されたサムスン SDI は、ディスプレイおよびバッテリー製造の世界的リーダーとしての地位を確固たるものにしています。 韓国に本社を置く同社の精神は変革とイノベーションを中心に展開しており、より明るい未来を形作ることを目指しています。 サムスン SDI は、材料およびエネルギー ソリューションのトップレベルのプロバイダーとして知られており、一貫した研究開発投資に専念することで、技術の最先端を維持し、競争力を強化しています。 IT、リチウムイオン電池、電子材料の強みにとどまらず、将来のエネルギー事業や材料技術への特化を進めています。

Samsung SDI のバッテリー技術への取り組みは、その戦略的長期ビジョンに明らかです。 同社は、ビッグデータを活用して堅牢でダイナミックな研究開発センターを確立し、製品のリーダーシップを確保するための戦略を策定および実行してきました。 進化し続ける技術情勢の中で常に先を行くために、Samsung SDI は世界中の大学や研究機関と協力し、研究開発パートナーシップを強化してきました。 特に「サムスン マテリアル リサーチ パーク」内での先進的なバッテリー材料への注力は、相乗効果とイノベーションへの取り組みを示しています。 最近のリチウムイオン電池市場の小型電池から中型電池、および大規模電池への変化により、Samsung SDI は材料の限界を克服し、電気自動車やエネルギー貯蔵ソリューションの増大する需要に応えることを目指して研究努力を強化しています。

フレキシブルバッテリー技術の分野で、Samsung SDI は大きな進歩を遂げました。 ウェアラブルデバイスへの関心が高まる中、同社は2014年XNUMX月、機能を損なうことなく曲げたり丸めたりできる世界初のフレキシブルバッテリーを発表した。 独自の柔軟な構造設計と材料技術に裏付けられたこの革新性は、厳格なテストを経て、その耐久性とさまざまなウェアラブル用途への可能性が証明されています。 さらに、サムスン SDI は半導体やディスプレイなどの最先端の IT 製品のコア材料に重点を置いており、品質と競争力のある製品開発への取り組みを強調しています。

サムスン SDI 概要:

設立1970
本社韓国
所属サムスングループのエネルギー部門
専門分野ディスプレイや電池の製造、先端IT製品材料
革新的なテクノロジ全固体電池技術、モジュール式電池設計、高効率材料、高度な電池管理システム (BMS)
主な製品電気自動車用バッテリー (顧客には BMW やフォードが含まれます)、家庭用エネルギー貯蔵ソリューション、モバイル デバイスのバッテリー
環境への取り組み環境に優しく持続可能な生産プロセスを重視します。

SKイノベーション

環境に優しいエネルギーの世界的大企業である SK イノベーションは、グリーン エネルギーと先端材料分野で中心的なプレーヤーになることを目指して、綿密に計画を立ててきました。 環境の持続可能性への確固たる取り組みをもとに設立された同社は、さまざまな子会社を擁する複合企業へと急成長し、それぞれが持続可能な未来に向けた独自の貢献を体現しています。 環境に優しい化学材料を専門とするSK Energyと、潤滑およびベースオイルソリューションで革新的なSK Geocentricは、同社の多様で革新的なポートフォリオのほんの一例です。

SKイノベーションは、石油・化学事業における資源開発(上流)から生活エネルギー販売(下流)までを網羅する総合的なバリューチェーンを持ち、業界での地位を確固たるものとしている。 同社は電気自動車用バッテリーおよびセパレーター(LiBS)の分野に進出し、「カーボン・トゥ・グリーン」戦略を堅持しながら持続可能な未来を確保し、注目すべきリチウム電池サプライヤーとしての地位を確立しました。 この戦略は、環境に優しい企業への移行を強調するだけでなく、ハイテク素材産業の育成にも重点を置いています。 バッテリー金属リサイクル (BMR) などの分野への戦略的投資により、グリーン製品ポートフォリオの拡大への取り組みが強化される一方、自動車用二次電池とエネルギー貯蔵システム (ESS) の生産は、世界の主要な自動車企業に認められ、採用されています。

関連記事: 2023 年の最高の太陽光発電用ディープサイクルバッテリーを発表

さらに、SKイノベーションは、セパレータ(LiBS)などのリチウムイオン電池の主要材料や、フレキシブルディスプレイ用のFCW(フレキシブルカバーウィンドウ)などの重要な材料の生産者であり、ガラスの有力な代替品を提供しています。 同社はSK給油ステーションと充電ステーションを通じて、国内消費者への石油製品の供給を確保するだけでなく、環境に優しいエネルギーとモビリティに深く根ざした将来のエネルギー事業を推進します。 SKイノベーションのバッテリー技術の向上により、環境に優しい車、長距離車、ハイブリッド車などのさまざまな用途向けに、耐熱性が高く、安定性が高く、長持ちするバッテリーの生産が可能になりました。

SKイノベーションの概要:

設立1962
本社ソウル、韓国
事業内容地球環境に優しいエネルギーと先端素材
子会社SKエナジー、SKジオセントリック、SKエンムーブ、SK仁川石油化学、SKトレーディングインターナショナル、SK IEテクノロジー、SKアースオン
製品の提供電気自動車用バッテリー、セパレーター (LiBS)、フレキシブル カバー ウィンドウ (FCW)
戦略的取り組み「カーボン・トゥ・グリーン」戦略、バッテリー金属リサイクル (BMR)
主な成果物車載用二次電池、エネルギー貯蔵システム(ESS)、石油製品
ビジョングリーンエネルギー・素材企業への進化。

エナーデル

EnerDel は、リチウムイオンエネルギー貯蔵ソリューションおよびバッテリーシステムの分野におけるイノベーションの柱としての役割を果たし、著名なリチウムバッテリーサプライヤーの中でその地位を確立しています。 同社は、大型輸送、オングリッドおよびオフグリッドの電気システム、大量輸送、特殊なアプリケーションに重点を置き、卓越性と革新性への取り組みを一貫して示してきました。 EnerDel の特徴は、米国で初めて大型角形リチウムイオン電池パックの商業規模生産を開始した先駆的な取り組みにあります。 インディアナポリスに戦略的に配置された施設と、韓国にある海外製造ハブにより、EnerDel は世界中の顧客に対応できる有利な立場にあります。

2012 年の重要な動きとして、EnerDel は中国最大の自動車部品サプライヤーである万向グループの電気自動車部門である万向電気自動車有限公司と合弁事業を締結しました。 この提携は、杭州にある万祥の施設を活用して、中国の急成長する交通機関およびグリッドエネルギー貯蔵市場向けにバッテリーセルとバッテリーパックを製造、販売、流通することを目的としています。 EnerDel は合弁事業の実質 40% 株式を保有することで、エネルギー貯蔵分野における世界的な拠点と影響力をさらに強固なものとします。

EnerDel の多様な顧客ベースは、その多用途性と適応性の証拠です。 現代重工業や AC トランジットなどの大型輸送大手から、ボルボ カー コーポレーションなどの小型乗用車メーカーまで、同社の事業範囲は広範囲に及びます。 さらに、EnerDel のタスク指向アプリケーションへの取り組みにより、Toro や Lightning Motorcycles などの企業とのコラボレーションが実現しました。 グリッドエネルギー貯蔵の面では、ポートランド・ゼネラル・エレクトリックおよびフェデラル・グリッド・カンパニーとの提携がエナーデルの優れた能力を際立たせています。 さらに、関連会社である Emerging Power を通じて、同社はその専門知識を拡張し、産業分野向けに小型パックのバッテリー ソリューションを提供しています。 85 件を超える発行済み特許とさらに 40 件の申請中の特許を誇る堅牢な知的財産ポートフォリオにより、EnerDel の革新と画期的な技術の保護への取り組みは明らかです。

EnerDel の概要:

コアの専門知識リチウムイオンエネルギー貯蔵ソリューションとバッテリーシステム
設置施設インディアナポリス (XNUMX か所) および韓国
主要なコラボレーション万向電気自動車有限公司との合弁事業
多様な顧客現代重工業、AC Transit、Volvo Car Corporation、Toro、Lightning Motorcycle、Portland General Electric、Federal Grid Company
アフィリエイト新興勢力
知的財産85 件を超える特許が発行され、さらに 40 件が申請中です。
ビジョンイノベーションをリードし、優れたリチウムイオン エネルギー ソリューションを世界中に提供すること。

サフト

サフトは XNUMX 世紀以上にわたり、リチウム電池サプライヤーのリーダーであり、重要な安全用途、バックアップ電源、推進力に不可欠となった長寿命の電池とシステムを提供してきました。 大手バッテリー企業としてのサフトの革新への取り組みは、陸上、海上、空中、さらには宇宙など、さまざまな地形で高いパフォーマンスを保証する最先端のテクノロジーに明らかです。 この世界的なバッテリー大企業は、独自の産業アプローチと歴史的な専門知識を備えており、さまざまな分野にわたる最も要求の厳しい顧客に応えるという独自の立場を確立しています。

Saft の世界的な存在感は、19 か国に設立され、16 の生産拠点と 4,000 名を超える熱心な従業員によって支えられています。 当社は、世界的なエネルギー複合企業である TotalEnergies との提携により、その能力と範囲がさらに拡大されました。 このパートナーシップは、世界中の人々に手頃な価格でクリーンで信頼性の高いエネルギー ソリューションを提供するという共通のビジョンを強調します。 1 つの事業部門で構成されている Saft の多様なアプリケーションは、航空宇宙、防衛、パフォーマンスから、コネクテッド スマート エネルギー、エネルギー貯蔵システム、産業、モビリティ、インフラストラクチャにまで及びます。 これらの事業分野を合わせると、2022 年に XNUMX 億ユーロという目覚ましい収益を生み出しました。

リチウムイオン電池ソリューションを含む、最先端の電池技術に対するサフトの投資は称賛に値します。 ニッケル、一次リチウム、充電式リチウム (リチウムイオン) の化学に重点を置くことで、特に極端な条件下で競合他社を上回る性能を発揮するバッテリー製品の開発につながりました。 たとえば、サフトのニッケルベースのバッテリーは、産業や航空機のエンジン始動用のバックアップ電源として好まれています。 長寿命で知られる一次リチウム電池は、交換が難しい用途に最適です。 さらに、サフトのリチウムイオンセルは、その出力、多用途性、および極端な温度でも動作する能力で有名で、さまざまなバッテリー製品に広く使用されています。 サフト社は将来を見据え、その研究開発投資は第一世代の産業用固体電池の先駆者に向けられており、電気自動車やエネルギー貯蔵用の電池性能の革命的な飛躍を約束しています。

サフト 簡単に言うと:

Legacy100年以上にわたるバッテリーの革新
国際的な存在感19カ国に16の生産拠点を設立
所属TotalEnergies の完全子会社
事業内容航空宇宙、防衛、パフォーマンス。 接続されたスマート エネルギー。 エネルギー貯蔵システム; 産業、モビリティ、インフラストラクチャー
技術的焦点ニッケル、一次リチウム、充電式リチウム(リチウムイオン)

ジョンソンは制御

1885 年にサーモスタットの製造会社としてスタートしたジョンソンコントロールズは、リチウムイオン電池技術に優れ、世界のリチウム電池サプライヤーのリーダー企業に変貌しました。 米国ウィスコンシン州ミルウォーキーに戦略的に本社を置く同社は、いくつかの分野にわたるさまざまな用途に合わせた最先端のバッテリーソリューションを製造することで有名です。

主な製品の焦点:

  • 自動車用バッテリー: Johnson Controls は、ハイエンドの自動車用バッテリーの製造を専門としています。 最高レベルの耐久性と信頼性が認められているこれらのバッテリーは、車両のパフォーマンスを向上させ、寿命の延長を保証するように設計されています。
  • 大規模エネルギー貯蔵システム: 堅牢なエネルギー貯蔵メカニズムを求める業界のニーズに対応したジョンソンコントロールズの大規模エネルギー貯蔵ソリューションは、送電網の安定化、ピーク需要管理、効率的なエネルギー分配に不可欠です。
  • 統合バッテリー ソリューション: ジョンソン コントロールズは、将来を見据えて、多用途の統合バッテリー テクノロジーを提供しています。 これらのソリューションは、従来のバッテリー システムと革新的な機能を融合し、主流のアプリケーションとニッチなアプリケーションの両方に対応し、強化されたパフォーマンス、寿命、適応性を保証します。

ジョンソンコントロールズにお問い合わせください。

会場米国ウィスコンシン州ミルウォーキー
工場インフラ世界の複数の拠点にまたがる先進的な製造ユニットは、トップクラスの生産能力を誇ります。
専門分野リチウムイオン電池技術、自動車用電池、大規模エネルギー貯蔵システム、統合電池ソリューション
認定証UL、CE、ISO、IECなど
国際的な存在感150カ国以上で大きな実績を残している
サービスカスタマイズされたバッテリー ソリューション、高度なバッテリー技術、持続可能性への取り組み、エネルギー効率の高い製品、包括的なリサイクル プログラム。

東芝

1875 年に設立され、東京に本社を置く東芝は、電信機器でのスタートからデジタル時代を受け入れるまでに進化してきました。 現在、東芝はその豊富な経験により、リチウム電池の主要サプライヤーの一つとして傑出しています。 同社のリチウム電池は、日常の電子機器から高度な産業ツールに至るまで、さまざまな用途に合わせて設計されています。

主な製品の焦点:

  • パーソナルエレクトロニクス用バッテリー: 東芝は家庭用電化製品向けに特別に設計されたバッテリーを製造しており、デバイスの使用時間の延長と信頼性の高いパフォーマンスを保証します。
  • 産業用電源ソリューション: 東芝は、産業界の需要を認識し、シームレスな機能とエネルギー継続性を保証する、大容量動作向けに設計されたバッテリーを提供しています。
  • SCiB™ テクノロジー: 東芝独自の製品である SCiB™ テクノロジーは、急速充電、寿命の延長、安全基準の向上によりバッテリーに革命をもたらし、東芝のイノベーションへの取り組みの証となります。

東芝へのお問い合わせ先:

会場東京都, 日本
学校の設備世界中にある最先端の生産施設は、伝統的な価値観と現代のテクノロジーを統合しています。
専門分野エレクトロニクス、パワーソリューション、インフラ開発、先進リチウムイオン電池、SCiB™テクノロジー
認定証UL、CE、ISO、IECなど
国際的な存在感大陸にまたがる堅牢な運用ネットワークは、東芝の世界的な展開と取り組みを強調しています。
サービス次世代電子部品、優れたバッテリー システム、カスタマイズされたバッテリー ソリューション、グリーン イニシアティブ、および包括的なグローバル コンサルティング。

TDK

1935 年に設立された TDK は、先駆的なフェライト材料から、さまざまな電子分野への多角化へと移行してきました。 Amperex Technology Limited (ATL) の買収により、TDK は著名なリチウム電池サプライヤーとしての地位を固めました。 このパートナーシップは、TDK の豊かな革新の歴史と ATL のバッテリー専門知識を組み合わせ、UL、CE、ISO、IEC などの世界的に認められた規格につながります。 この提携により、高電圧技術がさらに活用され、リチウム電池製品のエネルギー密度と効率が最適化されます。

TDK は、最先端の製造施設に戦略的に配置され、ATL を通じて、日本の技術の細心の注意を払った職人技と最新の生産ラインの拡張性を組み合わせています。 世界的に見て、TDK と ATL の合弁事業は、革新性と信頼性の完璧な融合を表しています。 同社のリチウム電池は、優れたエネルギー密度、耐久性、安全基準で知られており、技術的優位性に対する両社の共同の取り組みの証となっています。 標準製品以外にも、TDK と ATL は研究開発への継続的な投資で知られており、超高速充電機能や寿命の長いバッテリーなどの画期的な成果を生み出しています。 さらに、世界中の産業界の多様なニーズを理解し、通信、自動車、家庭用電化製品など、特定の分野の要件を満たすようにカスタマイズされたバッテリー ソリューションを作成することに優れています。

「創造力で文化と産業に貢献する」というTDKの理念は、技術の進歩だけでなく、持続可能な未来への取り組みにも反映されています。 TDK と ATL は、環境を重視した生産方法、リサイクルへの取り組み、持続可能性プログラムを通じて、環境を尊重し保護しながら、未来の世界が最先端技術の恩恵を受けられるようにするという使命を担っています。

TDK および Amperex Technology Limited へのお問い合わせ先:

会場東京、日本 (TDK) | 香港 (ATL)
専門分野電子部品、モジュールおよびシステム、リチウムイオン電池技術、エネルギー貯蔵ソリューション、急速充電技術
認定証UL、CE、ISO、IECなど
国際的な存在感世界中に広がる広大な事業ネットワークと流通チャネル
サービス先進的な電子部品、次世代バッテリーシステム、カスタマイズされたバッテリーソリューション、持続可能性と環境への取り組み、グローバルな研究開発。

まとめ

再生可能エネルギーと電気モビリティに対する世界的な注目が高まるにつれ、リチウム電池がこの分野の中核コンポーネントとして浮上しています。 世界のリチウム電池サプライヤー上位 10 社を対象とした調査から、これらの企業が市場シェア、年間生産能力、技術サポートなどの面で優れていることは明らかです。 何よりもまず、これらのサプライヤーはサプライチェーン管理における比類のない専門知識を実証し、幅広い用途に対応するバッテリーコンポーネントの品質と一貫した供給を保証します。 これらのアプリケーションは自動車メーカーを超えて、電動バイクやその他の多数のデバイスを網羅しています。 第二に、環境汚染に焦点が当てられているため、これらの一流サプライヤーはバッテリーのエネルギー効率を非常に重視しています。 これらは、蓄えられたエネルギーのすべてのキロワット時 (kwh) が最も効率的な方法で分配されることを保証します。 同時に、環境への悪影響を軽減するための措置がパッケージングと生産プロセスに採用されています。 さらに、顧客が最高の製品とサービスを受けられることを保証するために、これらのサプライヤーは優れた技術サポートを提供し、顧客がリチウム電池の導入時に直面する可能性のある技術的課題に対処できるよう支援します。 基本的に、バッテリー技術の進化と普及に伴い、これらのリチウムバッテリーサプライヤーは、エネルギー効率、環境保全を確保し、包括的なサービスを提供する上で極めて重要な役割を果たしています。 これらは、世界中の電気輸送およびその他の分野の発展を支える強力な柱として立っています。

Facebook
Twitter
LinkedIn
Pinterest

Recent Posts

船舶用バッテリーの種類の概要
ブログ

船舶用バッテリー: スターター、ディープサイクル、デュアルパーパス

この記事では、スターター、ディープサイクル、デュアルパーパスの3つの主なタイプのリチウムマリンバッテリーについて詳しく説明します。それぞれの機能と利点を理解することで、船舶の最適なパフォーマンスと耐久性を確保できます。この記事は、適切なマリンバッテリーを選択するための重要な洞察を提供するため、他の人にも役立ちます。

続きを読む»
リチウム電池パック
ブログ

バッテリーセル、バッテリーモジュール、バッテリーパックとは何ですか?

電気自動車や再生可能エネルギーなどの業界で働いている場合、バッテリーセル、バッテリーモジュール、バッテリーパックの違いを理解することが重要です。これらの部品はバッテリーシステム内で異なる役割を果たし、その特定の構成はパフォーマンス、効率、安全性に大きく影響します。したがって、この記事ではそれぞれについて詳しく説明します。

続きを読む»
電気料金の公共料金
ブログ

バッテリーストレージソリューションで電気代を削減

この記事は、バッテリーストレージによる需要電力コスト削減の複雑さを掘り下げています。公共料金、特に需要料金を理解することで、電力費をより効果的に管理できる方法について説明します。この記事では、バッテリーストレージシステムが、需要の低い期間にエネルギーを貯蔵し、需要の高い時期に放出することで、ピーク需要を緩和し、需要を減らすことができることを強調しています。

続きを読む»

コメント

あなたのメールアドレスは公開されません。 必須フィールドは、マークされています *

上へスクロール

見積りをご希望の場合

見積りをご希望の場合

24時間以内に返信が届きます。